スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーフ作り 

切手をアルバムに収めるためにはリーフを作成します。

私はオオカミ切手のリーフ作成には「エクセル」を使っています。昔、切手サイトで紹介されていたレイアウトや設定の方法をアレンジして、使いやすいようにテンプレート化してるんですね。デザイン的には”リーフ枠なし上部にタイトルと下線、切手枠無し”のスタイルです。
一方、オオカミ以外の切手は「Drawgraphic」と「V Leaf」というソフトを使用していました。「V Leaf」は以前郵趣家の方が作製された切手リーフ専用のドローイングソフトです。リーフの大外囲み枠にのみ使用。「Drawgraphic」はソースネクスト社の値段の安いソフト。しかしながら性能は十分です。スタイルは”リーフ枠二重線ありタイトル下線無し、切手枠あり”。
さて、使用”していました”と書きました。PCのハードが壊れまして、以前のデータが全て消えてしまったのです。自分でも驚いたことに ( ゜Д゜) バックアップをひとファイルもとっていませんでした。

というわけで、たった今、そんな間抜けな自分にぶち切れつつリーフの基本設定を「Drawgraphic」にて終えたところです。2時間かかりました。

教訓:バックアップはマジとっとけ(゚Д゚)ゴルァ

「Drawgraphic」、いつの間にかバージョン2がでてたんですね。買おうかな…。


スポンサーサイト

Linkの説明 

切手に興味を持ったらまずは研究。
初心者向け、では全然ないですが、切手にまつわる読み応えがあるログばかりです。


郵便学者・内藤陽介のブログ
一般向けに興味を引く話題、丁寧な説明、入り口から奥の座敷まで、幅広く案内していただけます。時事ネタを切手に絡めて解説。切手は現代史と密接に関っているという視点が勉強になります。

郵趣手帖の収集日記
古い外国の切手から昭和の切手まで、一枚一枚のトピックが充実。収集欲を刺激します。ニューギニアの極楽鳥、記事を読んで集めたくなりました。

cbreakerの切手収集ダイアリー
非常に専門的な解説(主にルーマニア、チェコ)ながら、読みやすく興味深い文章が素晴らしい。切手展、e-bayでの取引、専門用品など、収集に関するアラカルトが面白いです。

切手屋さんの気まぐれ日記 - livedoor Blog(ブログ)
いつもおせわになっております。一年に一、二度の買い物ながら、オオカミ切手を充実させていただいております。感謝。ブログは切手商のつぶやき、ですが内実も見れて面白いです。

切手をメインに扱うブログはまだまだ少ない。あっても3年前から更新不通なんてサイトがザラです。
まだまだ面白いテーマを発信できるジャンルだと思うんですが。
と、ROM歴3年くらいの私がいうことじゃないですね、はい。

続きを読む

切手買い物リンクについて 

切手買い物リンクについての解説を。

世界の切手 TIMBRE(たんぶる) 
郵趣サービス社の楽天内ショップ。話題の切手をチョイスして載せてるので、数は少ないですが、その分選びやすいです。
                
切手・趣味の通信販売|スタマガネットショッピング
郵趣サービス社のネットショップ。ジャンルごとに分けられていて、見やすいです。日本のPスタンプも扱っています。「スタンプマガジン」「郵趣」からコードによるダイレクト購入が非常に便利。そしてなにより収集グッズ(バインダーやリーフ、マウント等)が網羅されているので、ここですべてそろいます(外国の専門もの以外なら)。

通信販売切手商 外国切手専門店 小川成史 トップページ
専門の切手商。カテゴリ別に見ながらも買えますが、何よりリスト販売が本命。各国リストが豊富で、目指す切手さえはっきりしていればまとめて揃います。ただし、スコットカタログによるナンバーで指定するので、スコットカタログがないと利用は難しいです。
      
Freestampcatalogue.com
注)外国の切手商です。
オランダの切手サイト。購入せずとも、そのサイト名のとおりカタログとして使えるほど充実。ほとんどの切手が載っています(しかも画像つきで!)。購入は外国とのやりとりなのでやや面倒。私はPaypalを使って何回か買いました。まれに注文と違う切手がきたりするのはご愛嬌。ユーロが一時安くなっていたときには国内で買うよりも安く買えたりしました(送料込みでも)。今はユーロが高いのが残念。

日本切手・外国切手の販売・趣味の切手専門店マルメイト
ショッピングカートを備えていて、見ながら買えます。日本切手も買えますが、外国切手が充実。パケットもたくさんあります。


買い物は自己責任で!身代潰すのは骨董と切手です。

はじめに 

世界中で発行されたオオカミに関係する切手を紹介します。
すべてを網羅しているわけではありません。個人収集の範囲です。
画像は基本リーフ単位で。自分のコレクション・アルバムから抜粋しています。紹介する順番はランダム。記述内容、データ等、正確さを保証できません(そんなに詳しくないので)。
参考にしたのは各種あちこちとFreestampcatalogue.com。もちろんスコット君。
オオカミ純切手、準切手取り混ぜています。特に準切手は童話、環境、人物、神話、北欧神話、伝説伝承、絵画にローマと多岐にわたります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。