スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近発行のオオカミ切手 



2000年に入ってから発行された、最近のオオカミ切手をまとめてみました。ヨーロッパ発行のものが主です。

アルバニア2000年。おなじみの森の動物4種の小型シート。

ハンガリー2001年。4枚+小型シート1枚のセットから。動物を描いたこのセットの他に、昆虫を描いたものもあります。色使いが爽やかで、揃えてみると綺麗です。

エストニア2004年。牙をむき出しにする表情は珍しい。大きめで正方形という迫力ある切手です。これもシリーズで他の動物が出ています。

ボスニア・ヘルツェゴビナ2006年。動物を描いたシリーズ。タブにオオカミの学名が入っています。

コソボ2006年。小型シートの中の1種。

ベラルーシ2008年。これ、非常に小さいです。日本の普通切手より少し細いくらい。正面からの顔ですが、どこか愛嬌がありますね。

ノルウェー2008年。このシリーズ、動物の素晴らしい写真で統一されてます。低額面から高額面にかけてのロングシリーズで、単純に揃えるだけでも結構お金がかかります。しかし揃えたくなる魅力がある。いずれ、オオカミ以外のこのシリーズの切手も載せてみます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。